中医学(漢方)では、生命の原動力の根源は、五臓(ごぞう)の内、「腎(じん)」にあり、卵巣機能、すなわち女性ホルモンを司っているのも「腎」とされています。

またこの「腎」からみた年齢変化として、女性は、「7の倍数」の時に節目を迎え、からだが変化していく、つまり腎の充実度の変化が7の倍数の年に訪れます。

この変化を知り、その年代に応じて、腎をしっかり機能させることが、女性にとって重要だと考えられているのです。

以下は、各7の倍数毎の特徴です。

・ 7歳:腎の働きが盛んになり、髪や身長が伸びて、乳歯から永久歯へ

・14歳:腎がさらに盛んに活動し、初潮を迎える。ただ腎の働きはまだ未熟で生理周期や期間は不安定

・21歳:腎が充実し、女性のからだが出来上がるため、妊娠しやすくなるが、生理痛や生理不順などの症状がでることも

・28歳:腎が充実し、筋骨がしっかりし、女性としてのからだや生殖機能はピークになるが、PMS(月経前症候群)や子宮筋腫、子宮内膜症など婦人科系トラブルが現れることも

・35歳:腎が衰えはじめ、妊娠力が低下し、胃腸の働きも弱くなり、顔や髪の色艶に衰えの兆候が出始め、外見にかげりが現れ、婦人科系のトラブルに注意が必要

・42歳:腎の働きが弱まり、女性ホルモンの分泌が減少するため、生理周期が不安定になり、冷えや白髪、顔のシワが気になって来る

・49歳:女性ホルモンの分泌が減少し、閉経を迎え、更年期障害が現れたり、コレストロール値が高くなる人が出てくる

実際、腎がしっかり機能していれば、心身ともにエネルギーに満ち溢れ、不調とは程遠い生活が送れるのですが、逆に腎が弱ければ、さまざまな症状、不妊、冷え、免疫力の低下といった不調が起こりやすく老化も早まることになります。

更年期を乗り切るためには、腎の養生に気を配る生活を送れるかに掛かっているといっても過言ではありません。

睡眠時間を十分に取り、ストレスをためず、冷えのないよう工夫し、栄養バランスの良い食生活を送りましょう!甘いものや糖質の食べ過ぎは要注意です!

最近、特に上記の年代で、気になる症状があれば、是非漢方薬局さくらら堂に、ご相談ください。

あなたのからだの変化を見極め、個々に応じた処方を行います!