ペットも人間と同じように病気になります。

現在、漢方治療を取り入れ経過を見ているワンちゃんです。biz_ekcjvxl
チワワ(♀)11才。人間だと60才くらいに相当するようです。まだまだ元気ですごして欲しいです。
5ヶ月ほど前に動物病院で検査を受け、皮膚型リンパ腫と診断されています。
体の一部に脱毛している状態(角化、肥厚)があります。リンパの腫れなどはおきていないようです。

がん治療として病院では、弱い抗がん剤を使用します。内臓負担、副作用をみながら調整します。
漢方治療のアプローチとして、現在は免疫系統の働きを上げる効果のものを飲んでもらっています。
現在は、霊子というキノコの1種と鮫の肝油成分です。今後も変化に合わせて、漢方の選択をしていくようになります。
最初は漢方薬嫌がってたようですが、きちんと飲めるようになりました。

皮膚のケアとして、毎日漢方入浴剤を使っています。
艾(よもぎ)と枇杷の葉をブレンドしたものです。 艾や枇杷の葉は古来より、皮膚病全般に高い効果が期待されて用いらています。煮出して飲んでもらってもよい効果があります。
保湿クリームも生薬配合のものも用いています。乾燥肌・敏感肌に適しているものです。

血液のがんであり、毎月の検査数値も確認しています。
がん指標の検査項目は、幾つか基準値を超えているものがありますが、小康状態です。
少しずつの転移は可能性としてありますが、目立った変化は出ていません。

この治療経過は、随時さくらら堂のブログへ上げていきます。皆様もこのワンちゃん応援よろしくお願いします。