タイプで分かる養生法

太りやすい体質の方の養生について

あまり食べないのに太りやすい、やせにくい、水を飲むだけでも太っていくなど、ここでは、太りやすい体質の方の養生法です。

太りやすい体質とは?
中医学では、太りやすい体質をいくつかのタイプで考えています。
それぞれにあった漢方薬選び、食事の取り方に注意しましょう。ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4216

『実証タイプ』
もともと体力があるタイプで、基礎代謝もそれなりにある方ですが、自分の体で燃やせる以上にエネルギーとなるカロリーを摂ってしまっている方です。
食べ過ぎていると自覚のある方と自覚のない方があります。

~具体的な養生法~
○食べ過ぎの自覚のある方
繊維質のとり方を工夫して、油ものを控えましょう。
味付けも薄味を心がけ、香辛料やお酢を上手く使いましょう。
食事の取り方やバランスに気をつけましょう。
繊維質の多い野菜を、できるだけ多くの種類を加熱して食べるようにしましょう。
便通にも注意してください。便秘は大敵です。

○食べ過ぎの自覚のない方
油が多く含まれているものや、パン、麺類に注意です。
できるだけ野菜を多くとる事が大切です。

食べすぎを自覚しよう
カロリーの低いもの、繊維質を多くとろう
運動量を増やそう

~注意しましょう~
運動不足に注意です。できれば有酸素運動を心がけましょう。
有酸素運動の目安は(1分間あたり、平常時の脈拍数)×1.5の脈拍数になる運動を20分以上続けましょう。
たとえば、平常時の脈拍数が70の人なら105ぐらいになる運動(少し早足程度)を20分ぐらいを目安にしてください。
体の冷やしすぎにも注意です。強すぎる冷房、薄着、冷たいものをよくとるというのは基礎代謝が下がってしまいます。