030402不妊症外来へご夫婦で受診中。お二人とも30代。
ご主人は精液検査を受けたところ、数値が悪く(精子数が少なく、運動率も低い)体外受精を勧められているケースです。漢方治療で自然妊娠で授かるように改善していきたい希望があります。
普段から仕事が忙しく、なかなか疲れが取れにくい、常に腰のだるさ(時々腰痛も)が出ているようです。性欲は減退気味になっています。
中医学の診断としては、この場合は五臓で言うところの”腎”に原因があると考えられます。腎は生殖をつかさどる、腰は腎の府といいます。
腎の働きを補う効果の漢方薬を飲んでいただくようになりました。精子活動を高める亜鉛系のサプリメントも一緒に服用です。
服用して1ヶ月、疲労感や腰のだるさは減ってきています。ご自身でも元気になってきている事を実感できているようです。引き続きの服用で、検査結果を見ていきます。