不妊相談、スポーツ中医学。

MENU

婦人科疾患、不妊治療

  • HOME »
  • 婦人科疾患、不妊治療

女性特有の体に起こる病気に間して、漢方治療の有用性。

生理痛、生理不順、月経不順、など生理に対すること、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がんのような子宮内で起こる病気などが上げられます。
膀胱炎、更年期障害、骨粗しょう症、不妊症などもあります。
症状としては、肩こり、動悸、息切れ、耳鳴り、頭痛やめまい、イライラするなどの不快な体調不良があらわれるケースがあります。
原因としては、下半身を中心とした冷え性、ストレスなどによる自律神経の不調、骨盤ゆがみなどによる女性ホルモンのバランスが崩れる事にあると考えられます。
婦人科疾患は漢方治療で改善されるケースも少なくありません。
漢方治療は、薬草、ハーブを利用した自然由来の治療方法です。
婦人病に対しての漢方薬の効果は、ゆっくり普段の生活に取り入れ、生活自体を変化させながら原因を取り除いていく方法です。 時間はかかりますが少しずつ症状は良い方向に向かうことになります。
それぞれの症状や体質に合わせた、適切な処方薬を使用するのが大切です。

現在はメールお問合せのみとなります。

PAGETOP
Copyright © 漢方薬局さくらら堂  sakurala.llc All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.