不妊相談、スポーツ中医学。

MENU

五臓六腑:肺と大腸

五臓のうちの”肺”は西洋医学の呼吸器系を指すだけではなく、水液の調節、気血の運行及び外部環境、あるいは異物に対する防御機能などにも関係していると考えられます。
呼吸により外気のエネルギーを取り込み、潤いとともに全身の隅々へ運びます。
この機能が衰えると、エネルギーと潤いを全身に運べなくなります。

空気を吸い込み、吐き出す作用を行う全ての器官が含まれており、鼻、のど、気管、気管支、肺胞、皮膚、毛孔、汗腺、皮毛なども含まれます。
皮膚や毛孔は外気と接しており、外部(ウィルスや細菌、気象変化など)の攻撃から身を守る働きをしています。

○肺は気を主り、呼吸を司どる。
肺の呼吸機能、肺の元気生成に関することを示します。

○肺は水道を通調する。
肺には水液代謝を調節管理する作用があります。
水液を体表の方へ運び汗にしたり、下方へ下降させ、腎・膀胱を通じて尿として排泄する作用を指します。
※宣発・粛降(せんぱつ・しゅくこう)作用
宣発:気や津液(しんえき)などを上方・外の方へ送る働きを指します。
人体にとって害となる濁気を外へ吐き出す、あるいは津液などを体表へ送り出し汗にするといった働きは、この宣発作用によります。
粛降:気・津液を下へ・内の方へ送る働きを指します。
人体にとって有益な清気を吸い込む、あるいは津液を体内・下方へ送る働きはこの粛降作用によります。大腸の蠕動運動を応援し便の排出を潤滑にする作用もあります。

○肺は鼻に開竅する。
鼻は空気の通り道であり、また肺は空気の出入(呼吸)を主っているため、鼻は肺の竅となります。
鼻は嗅覚作用があり、これが正常に機能するには必ず肺気が十分にあり、それによって呼吸が順調である事が重要となります。

○肺は衛気を調し、皮毛に外合する。
肺気の一部である衛気(えいき)を皮膚まで到達させるkとにより、汗孔の開閉・汗の分泌・立毛筋の調節などを行い、体温の調節に関与したり、末梢循環や体液バランスを調整し維持します。
外部からの病邪が侵入するのを防止し、侵入した病邪に抵抗し排除します。

肺と大腸は経絡により表裏の関係となります。
例えば、肺に熱がある時に、通便(便秘の治療)作用のある漢方薬を用いたり、便秘に対して粛肺作用のある薬物を用いる場合があります。

現在はメールお問合せのみとなります。

PAGETOP
Copyright © 漢方薬局さくらら堂  sakurala.llc All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.